FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.酵素を食べ物で取り入れる方法




酵素不足を解消するためには、食べ物から酵素を取り入れることが大事です。

そのためには、毎日の食事の中で、野菜やフルーツを生で食べることが必要ですが、

日々の忙しい生活では、なかなか難しいですね。

生のものは傷みやすいかったり、時間のない朝にゆっくり切ったり食べたりできないという方も
多いかと思います。

そこで、いろんな生活スタイルにあった、簡単にできる3つの方法をご紹介します。

その中で自分にあったやり方で無理なく続けれる方法を見つけるといいでしょう。





§1 朝食に野菜や果物、スムージーをプラスする

酵素栄養学の健康理論では一日の生理リズムの中で、

午前4時〜昼の12時排泄の時間とし、排泄を促す食材を食べることを推奨しています。

生の果物や野菜は排泄を促します、
できれば食事をしないで消化に負担をかけないスムージーがオススメです。

まずは、いつもの朝食に「生」を摂るように心がけましょう。


 【一日の生理リズム】
一日の生理リズム

①午前4時〜昼12時(排泄の時間)
 代謝酵素がメインで働いている時間帯なので、食事をしないほうがよいです。
 ここで消化酵素を働かせてしまうと、代謝がスムーズに行われず、
 脂肪が燃焼しにくくなります。
 朝は朝食を控えて、消化に負担をかけない生ジュースをのみましょう。


②昼12時〜午後8時(栄養補給と消化の時間)
 消化酵素が活発に動き出す、食事に適した時間帯です。
 酵素はとにかくたっぷり、質の良い栄養素を摂りましょう。
 甘いお菓子は消化酵素の無駄遣いになるので、
 なるべく避けましょう。


③午後8時〜午前4時(吸収と代謝の時間)
 ②でとった栄養をもとに、体の期間をつくったり、
 傷ついた細胞を補修したりする新陳代謝の時間帯です。
 夜遅い夕食や晩酌でお酒の飲み過ぎ、夜更かしなどを続けていると、
 新陳代謝が正常に行われず、体を壊してしまいます。



§2 おやつ代わりに、ドライフルーツや果物を持ち歩く

コンビニのおやつなど市販のおやつには脂肪分や白砂糖がたくさん含まれているため、
消化酵素を浪費してしまいます。

酵素の他、食物繊維も豊富なドライフルーツ、バナナやみかんがオススメです。

ドライフルーツは砂糖が添加されていないものを選びましょう。


§3 まずは生のものから食べるようにする

酵素は48度以上になると死滅してしまいます。

なので、生で摂取することが重要です。

サラダや和え物、スムージーなどがぴったりです。

酵素を含む食べ物が先に位に入ると消化酵素の分泌もよくしてくれるので、
あとから食べる加熱食を効率よく消化してくれます。

食事の時は、「生」の食べ物を最初に食べるように心がけましょう。


 「消化をよくする食べ方」

①生の食べ物(フルーツや野菜)   
↓            
②酢の物、漬け物、発酵食品

③加熱食(とんかつやステーキ、ごはんなど)

 ※生の食べ物、発酵食品を先に食べることで、消化液が分泌されて
  加熱食を消化しやすくなります!


 また、酵素はすりおろしたり、お酢と一緒に和えたりするとさらに活性化します。
 大根おろしや酢の物は酵素たっぷりの代表選手です。





▶野菜やフルーツなど食材の選び方、発酵食品の作り方の
健康応援サイトはこちらです!

ごはんを作ろう




AD







関連記事
スポンサーサイト
4.チェック✓!酵素不足度リスト | Home | 6.酵素たっぷりの食べ物⇔老化を進める食べ物

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。